がんの化学療法について

現在、医療現場で行われているがんの治療は大きく分けると3つのものがあります。
1つ目は外科的療法です。
がんを1つの塊として捉え、それを手術で取り除く治療方法になります。
体にメスを入れるというデメリットはありますが、ガンの完治には欠かせない治療になります。
2つ目は化学療法です。
抗がん剤などの薬剤を体内に取り入れることで、ガン細胞を攻撃し治療する方法です。
外科的療法を部分的なガンの治療方法として考えるのであれば、こちらは全身的なガンの治療方法になります。
3つ目は放射線治療になります。
ガンが発症している部位に放射線を照射する治療法になります。
これらはガンの3大医療と呼ばれており、多くのガン患者が治療を受けています。

none

がんの概要と治療法について

がんにかかった場合、まず外科的手術療法で治療することができるかどうかが判断されることになるのが普通で

がんを怖がらないで下さい

がんとは、正式名称を悪性腫瘍と言います。
これは、遺伝子の突然変異によって異常な増殖を行うよう

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© がん All Rights Reserved.